ザイザルは、アレルギー疾患用の薬の二大巨頭のひとつと言われています。
言わずと知れた、アレグラがメインの薬剤で、そのあとを追うように、ザイザルが開発されました。
アレグラが1日2回の服用であるのに対して、ザイザルは、1日1錠で済んでしまうため、長期間の服用を考えるとコスト的には、後者に軍配が上がるというのが、今の流れです。
ザイザル5mg錠剤は、グラクソ・スミスクラインの製品で、通販などで取り扱っているひと箱には、20錠入っています。

こちらの平均相場は、4,556円です。
最低価格は、現在のところ2,980円ほど、最高価格は、7,708円ほどです。
この平均価格や、最低価格、最高価格ともに、変化します。
ザイザルは、以前は服用の日数が2週間までという期限がつけられていましたが、現在は制限がなくなり、長期に服用が可能になりました。
抗ヒスタミン剤を服用することで、本人が自覚しない集中力の低下や判断力、作業の能率が下がった状態のことを、インペアード・パフォーマンスといいますが、このザイザルは、そういったインペアード・パフォーマンスのもっとも少ない、抗ヒスタミン剤のひとつです。

この薬剤は、医院にいって、診察をうけたあとに、処方箋がでれば、ザイザルは1回1日錠で、1日の薬価が121.9円です。
「薬価」とは、病院の薬の公定価格のことです。
国(厚労省)が価格を決めます。
ザイザルには、後発品(ジェネリック品)は、存在せず、先発品のみが販売されています。
もちろん、薬価は一定ですが、販売価格には、ムラがあることがわかっていただけたでしょうか。
やはり、長期間の服用になると、価格の差が大きくなりますので、事前に調べたいものです。