• ホーム
  • 乳化剤使用のある項目の製品でのアレルギーにザイザル

乳化剤使用のある項目の製品でのアレルギーにザイザル

鼻をかんでいる女性

日常生活の中で乳化剤を使用していると商品の項目に記載されているものは多々あります。
個人的に主に皮膚関係のアレルギーが出やすくなっていると、カロリー以上にこの乳化剤の項目は見逃せません。
身の回りにいなければわかりづらいかもしれませんが、子育て中などは特に子供に起こる症状が敏感なため、特にコーヒー、チーズ、マーガリンと日常的な食品や乳製品、カカオから子供のアレルギーとなることを知ると商品の項目に神経的になるかもしれません。

他に界面活性剤と表記され成分はほぼ同じでシャンプーなどに使用されています。
乳化剤からのアレルギーでアトピーなどにつながることがあります。
各アレルギーの症状に効く薬としてザイザルがあります。
ザイザルは丸一日効果が続きますが、病院で診断されて処方される薬です。
鼻炎や湿疹、蕁麻疹に効果が出ます。

副作用はあまりないと言われていますが、眠気や倦怠感が出ることがあり集中力が落ちてしまうので、運転や過失事故のおそれのある機械関係の作業はできません。
これらをさらに誘発するので飲酒は控えることになります。
また、食べ合わせなどの不安は少なく、喘息、脳神経、エイズの服用薬には副作用のおそれがあります。
年齢や持病によって異なり妊娠中に使用することはできません。

ザイザルは主にくしゃみ鼻水、肌のかゆみに強く花粉症は早めに花粉の飛散時期より早く服用し、皮膚や鼻アレルギーの原因を抑えていきます。
免疫が強ければこれらの症状になりにくいですが、免疫が強くなりすぎるとまたアレルギーとしてくしゃみになり出てしまうことになります。
あまりにも長く服用が続く時は食欲不振や嘔吐が気になるなど出た時には肝臓の検査がすすめられています。

人気記事一覧