• ホーム
  • ザイザルの市販薬はあるの?

ザイザルの市販薬はあるの?

薬を飲む男性

ザイザルとは、レボセチリジン塩酸塩を有効成分とする薬で、アレルギー症状の緩和に効果を発揮します。
体内にアレルギーの原因となる物質が侵入した時、肥満細胞はヒスタミンを放出し、ヒスタミンは受容体と結合しアレルギー症状を引き起こします。
花粉症でくしゃみや鼻水が出るのは、異物を排除しようとする免疫機能が働いているためです。

ザイザルの作用は、このアレルギーを生じさせるヒスタミンが受容体と結合するのをブロックし、その働きを抑える事でアレルギー症状を軽減させます。
花粉症などによるアレルギー性鼻炎をはじめ、蕁麻疹や湿疹、皮膚の痒みなど様々な症状に効果があります。
錠剤のほかにシロップも販売されており、錠剤をのみ込むのが難しい人や幼児でも服用する事が可能です。
ザイザルは第2世代の抗ヒスタミン薬に分類され、第1世代の抗ヒスタミン薬に多かった副作用がほとんど見られない利点があります。
脂溶性が低く脳に入っていきにくいため、抗アレルギー薬によく見られる眠気の副作用も軽めです。
さらに比較的速く効き目が現れ、服用後に短い時間で効果を感じる事ができます。
持続時間も長いほうなので、錠剤の場合は一日一錠飲むだけで効果が一日中続きます。

このように花粉症への効果が高く、眠気の副作用が少なめのザイザルですが、日本では2010年に認可された比較的新しい薬なので市販薬はまだ発売されていません。
将来的に市販薬として発売される可能性はありますが、まだ時間がかかるだろうと考えられます。
ザイザルはもともと他の抗アレルギー薬を改良して開発された薬で、前身となった薬はすでに市販薬化されていて、薬局やドラッグストアで購入することが可能です。
ザイザルよりも眠気の副作用が強いものの、アレルギー症状に対しては高い効果が確認されています。

人気記事一覧